Motorola XOOM “Failed image LNX 0x0002″0x0004″の修復方法

よく分からないのですが、文鎮化したXOOM貰いました。

エラーコード…実行不能(いやなんでもないです)は”Failed image LNX 0x0002″って赤文字で出てきます。0x0004も多分修復方法は同じ。

方法としては、まず前準備が必要です。

microUSBの先端の端子を分解して、以下の図のように結線します。

自分は、色々複数のケーブルをカッターなどでむき出しにしてみましたが、一番使いやすいのはこれ

先端がプラスチックで覆われているので簡単に分解することが出来ます。

あとは先端を分解して↑の図のように1ピンと4ピンをショートさせるだけです。

そして、PCにXOOMのドライバー・Android SDK(検索してダウンロードして下さい)をインストールし

(電源が入った状態の場合ここから)”Starting RSD mode 2″と出てる場合は、電源ボタン+ボリューム+長押しで強制再起動

(電源が切れている場合はここから)電源ボタン+ボリューム-で、”Starting fastboot protocol support.”を表示させる

上記で自作したケーブルを繋ぎ、USBが認識するのを待つ。

コマンドプロンプトを起動させ、

fastboot oem unlock

を実行したら、本体の方でunlockの画面が出るので画面に従ってunlockする。

って方法で修復できます。
めんどくさいけど修理に出して有償になるよりかは少し苦労してケーブル作成して脱文鎮した方が良いんじゃないかな。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。