Mac OS X and Windows XP on S9e(Dualboot) インストール編

DSCN0114.jpg
とまぁ。完成しました。
あくまでも実験です、実用を目的としていません。
手順としては
0.
S9eのドライブをUSB接続にてIntelMacに接続。
1.
IntelMacにてUInstaller1.2を、DL
http://dl.getdropbox.com/u/148056/s10e/files.zip
DMGファイルの中に入ってます。
2.
Wincloneにて、WinXPのHDDをバックアップする。
3.
HDDを、Macintosh,RECOVERY(3G),Windowsと、パーティションを区切る
(GUIDにてフォーマット、MacintoshはHTS+ RECOVERY・WindowsはFAT)
4.
WincloneにてWindowsパーティションを戻す。
5.
Leopardのディスクから起動して、4の時に切ったMacintoshにインストールする
6.
そのまま、セットアップを完了させて、起動させる
7.
内臓HDD(IntelMac)の中に入れていたUInstaller1.2を起動させる
そして以下の手順を実行
HDはMacintoshを選択。
”Select Motherboard Package~”で ”Lenovo_S10e_JIS_Leo_.5.6”を選ぶ
”Apply kext package”にチェック
“Set Boot Timeout to”をチェック
“Set Native~”に”1024”,”600″を入れてチェック
“Install PC_EFI v9~”にチェック
“Apply EFI Strings~”を”Intel GMA 950(Laptop)”を選んでチェック
“Install”ボタンをクリック
終わったらHDDの分かりやすい所に”bcm43xx_enabler 2.sh”をコピーしておく(IdeapadのHDD)
8.
HDDをIdeapadに戻し、Windows起動
9.
Windowsにchain0をXPボリュームの最上位に放り込む。
chain0は、此方からhttp://wiki.osx86project.org/wiki/index.php/Chain0
10.
「コントロールパネル」→「システム」→「詳細設定」→「起動と回復設定」→「編集」をクリックして、加える起動ボリュームを書き込む。
C:\chain0=”Mac OSX” (テキストの最後尾で改行して一行書き加える)
”起動と回復設定”で優先する起動ボリュームを設定する。
再起動したら、WinXPかMacOSXを起動するか選択して起動すればおk
とりあず、インストール編はここまで。
(この方法はまだ、リカバリー領域の復旧などしていません。後日編集します。)

広告
  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。